歯科麻酔学って何?

皆さんが歯科麻酔と聞くと「あの、歯茎に打つ麻酔でしょ?」って思うと思います。

歯科麻酔はもちろん歯に打つ局所麻酔もありますが、主に高次医療施設(大学病院や総合病院)で医者の麻酔科と一緒に全身麻酔にたずさわり、挿管(口からのチューブ)や点滴、血圧、心電図、など様々な事を行って、全身管理する行為です。

全身の知識や疾患の勉強をしている診療科目です。

ただ認知度は低く、認定医まで時間がかかるので日本に1000人しかいません。

しかし、歯科といえども医療です。全身管理は必須です。自分が患者だったらやっぱり 知らないより知っている方がいいと思って、今でも大学病院に通わせてもらっています。